HOME

なかとんべつ情報/施設・飲食店・商店

抜群のロケーションにある施設では心をリフレッシュ。
地元や道内産の素材の味を生かした料理では、北海道の海、大地の味を存分に楽しんでください。

体験施設

アグリパーク(食工房もうもう、体験農園オガル)おのでらポニーファーム
ふるさと生活体験館砂金掘り体験場

スポーツ施設

パークゴルフ場(ピンネシリヴィレッジファームパーク内)寿公園パークゴルフ場
中頓別町ふれあいスポーツ広場中頓別町営寿スキー場

くつろぎ施設

道の駅「ピンネシリ」黄金湯寿公園天北線メモリアルパーク

宿泊施設・旅館

コテージ(ピンネシリビレッジファームパーク内)ピンネシリオートキャンプ場ピンネシリ温泉「望岳荘」
旅館石川みつばち村

飲食店

食楽厨房 まるや明月庵 田中屋八番食堂森のキッチン・ハル焼肉ジャンボ居酒屋 侘助居酒屋 味久

商店

高橋牧場チーズ工房すずや菓子舗御菓子司とらや笹尾養蜂園

公共施設

中頓別町役場中頓別バスターミナル


 

体験施設


生産物を生かした食品が作りませんか アグリパーク(食工房もうもう、体験農園オガル)

農業体験交流施設であるアグリパーク。「食彩工房もうもう」ではアイスクリーム、バター、そば、うどん、ソーセージ、ベーコン、、、などの食品加工体験ができます。
ご利用になる方は事前に来館時間など連絡をした方が確実です。
「体験農園オガル」では花苗や野菜苗の販売や寄せ植え体験、収穫時期になれば野菜収穫が体験できます。また貸し農園も行っています。
新鮮で安全な農産物づくり、そして生産物を活かした食品加工を通してものづくりの楽しさを体験してみませんか?

■施設の方から一言:

スタッフが常駐していますので、気軽に食品加工体験にお越し下さい。また体験農園オガルで作った無農薬、無科学肥料の野菜をどうぞ。

■休館日: 食彩工房もうもう 毎週月
体験農園オガル 毎週月・火
■場所: 中頓別町松音知
■問い合わせ先: 有限会社シビル開発  TEL/FAX 01634−6−2211
HP  http://www.town.nakatombetsu.hokkaido.jp/moumou/index.html

 


かわいい動物、ゆかいな農場主さんに出会える おのでらポニーファーム

農場内には草ばんばに出場するポニーの他に、ウサギやヤギ、アヒル、犬が迎えてくれます。農場主の小野寺さんの動物に対する愛情が伝わってくる場所。

■施設の方から一言: 動物と触れ合ってかわいがってあげてください。
■営業時間:  
■場所: 中頓別町豊泉
■問い合わせ先: 中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510

 


昭和の頃にタイムスリップ ふるさと生活体験館

ピンネシリオートキャンプ場の敷地内に建つ、昭和初期の中頓別の農家を再現した建物です。手押しポンプで水をくみ、まきを割って五右衛門風呂を沸かし、薪ストーブで暖をとります。食事はかまどで用意します。宿泊できる施設なのでのんびりと生活を味わえます。

■施設の方から一言: 普段では体験できないことばかりで盛り上がること間違いなし!楽しい時間を過ごしてください。
■利用期間: 5月1日〜10月31日 
■休館日:  期間中無休
■場所: 北海道枝幸郡中頓別町字敏音知 (ピンネシリ・ヴィレッジファームパーク内)
■問い合わせ先: 中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510

 


一攫千金の夢を見ませんか 砂金掘り体験場

明治32年〜34年頃ゴールドラッシュの時代、全国各地から一攫千金を夢見て人が訪れ、賑わいをみせたペーチャン川。今でも砂金が採れます。期間中は道具を貸し出しており、砂金掘り名人が常駐していますので、気軽に教えてもらいながら砂金掘り体験を楽しむことができます。名人と一緒に砂金はもちろんですが、粒の大きいのを是非見つけてみて下さい。小魚やドジョウも泳いでいるので、一緒に川遊びもできますよ。

■施設の方から一言: キラめく天然の砂金が今でも採ることができます。
自然を思う存分楽しんでください。
■営業時間: 9:00〜16:00 (7月20〜8月25日)
■休館日: 期間中無休
■場所: ペーチャン川砂金掘り体験場
■問い合わせ先: 中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510

 

 

スポーツ施設

ピンネシリ岳の麓、緑に囲まれた景色の中でプレー パークゴルフ場(ピンネシリヴィレッジファームパーク内)

キャンプ場の敷地内にあるゴルフ場、見上げれば、目の前にピンネシリ岳が見えます。
クラブとボールは道の駅「ピンネシリ」で貸し出しています。道の駅「ピンネシリ」立ち寄ったとき、またはキャンプやコテージに泊まって、どこか出かけてきた後、緑に囲まれた景色の中ちょっとスポーツなどいかがでしょう。
ピンネシリヴィレッジパーク内にはバスケットコートがあり、噴水広場では夏場、子ども達が水遊びを楽しんでいます。

■施設の方から一言: 1コース9ホールと少ないですが、何回もプレーができます。
水車の回る池を傍らに、暑い日も涼しくプレーを楽しめます。
■営業時間: 9:00〜17:00 (6月〜10月)
■休館日: 期間中無休
■場所: 中頓別町字敏音知72−7
■問い合わせ先: 中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510

 


様々なタイプのコースが楽しめます 寿公園パークゴルフ場

寿公園内にあるパークゴルフ場。コースは4コースあり、難易度が違うのでそれぞれ楽しむことができます。道具の無料貸し出しもあるので気軽に楽しむことができます。 (利用料:町内200円、町外300円、中学生以下無料)

■施設の方から一言:

公認コースと非公認コースがあります。自分好みのコースでプレイすることができます。上級者は障害物の多い非公認コース好む方が多いようです。ご利用お待ちしています。

■営業時間: (事務所)8:30 〜 17:00
■利用期間: 5月〜10月
■場所: 中頓別町字寿
■問い合わせ先: 寿公園事務所(中頓別振興公社) (01634) 6−1339

 


様々なスポーツが楽しめるグラウンド 中頓別町ふれあいスポーツ広場

使用料無料で主に野球場として使われています。地域住民の健康体力向上を図っており、サッカー、ラグビー、野球、ソフトボール競技も楽しめる他、広場の外周には500mほどのランニングコースもあります。冬にはクロスカントリースキーの大会も行われます。

■施設の方から一言: 宗谷管内唯一、芝のグラウンドですがすがしい汗を流しませんか。
■営業時間: 7:00 〜 19:00(ナイターなし)
■利用期間: 5月1日〜10月31日 
■場所: 中頓別町中頓別47−2
■問い合わせ先: 中頓別町教育委員会(中頓別町中頓別182) (01634) 6−1321
もしくは、中頓別振興公社 (01634)6−1339

 


冬にしか見られない景色を楽しみながら 中頓別町営寿スキー場

頂上からは市街が一望でき、晴れた日はオホーツク海も見ることができる眺めの良いスキー場です。初心者、ファミリー、上級者用の3コースがあり、スキーリフトや食堂・売店も利用できます!

■施設の方から一言: 雪質サラサラのパウダースノーでウィンタースポーツを楽しみませんか。
■営業時間: 10:00 〜 16:00 (土・日・祝日は9:00〜)
■利用期間: 12月第2土曜〜3月第2日曜(天候により休みあり)
■場所: 中頓別町字寿
■問い合わせ先: 管理事務所  (01634) 6−1890

 

くつろぎ施設


ヴィレッジパークの窓口 道の駅「ピンネシリ」

ピンネシリ岳の麓にある道の駅です。
すぐ裏に登山口、ピンネシリ温泉もそばにあります。中頓別の自然で育った牛の生乳で作られたチーズやハチミツ、街の職人さんが作ったお菓子や地域のお母さんが染めて紡いだ毛糸やマスコットなど地域の素材が詰まった商品を販売しています。またコテージやキャンプ場の予約受付も行っています。長期の旅のときに助かるコインランドリーが設置されています。

■施設の方から一言: 北緯45度に位置する道の駅です。四季がはっきりとしているので風景を眺めて、季節を感じながらどうぞお立ち寄り下さい。
■営業時間: 9:00〜17:00 
■定休日: 年末年始(12/31〜1/3)
■場所: 中頓別町字敏音知72−7
■問い合わせ先: 中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510


森の欠片でお湯を沸かす、昔ながらの銭湯 黄金湯

(準備中)

■施設の方から一言:
■営業時間: 16:00〜21:00 
■定休日: 毎週木曜日
■場所: 中頓別町字敏音知60−1
■問い合わせ先: TEL (01634) 6−2300   HP http://koganeyu-nakaton.com/

 


いろんなモノがあって楽しい 寿公園

町のシンボル、北緯45度のモニュメントやSLが迎えてくれます。なぜかジェット機が展示されています。公園内には4コースからなるパークゴルフ場や遊具施設があったりポニーが飼われています。直ぐ側にはスキー場と自然に囲まれた中で様々な遊びを楽しむことができます。

■施設の方から一言:

長旅の疲れを癒していきませんか、心のゆとりが先の旅をより楽しいものにしてくれますよ。子どもから大人まで楽しめる空間です。ご利用お待ちしています。

■営業時間: 8:30 〜 17:00(事務所)
10:00〜16:00 (遊園地営業時間)
■y遊具施設利用期間: 5月上旬〜10月下旬
※遊園地は9月中旬まで、月曜休日
■場所: 中頓別町寿
■問い合わせ先: 寿公園事務所(中頓別振興公社)  01634-6-1339

 


面影残すディーゼルカーを眺めながらのんびりと 天北線メモリアルパーク

稚内―音威子府間走っていた天北線。平成元年4月30日を最後に惜しまれながら姿を消しました。
中頓別駅だったところは現在、中頓別バスターミナルになっています。
パーク内は子ども達が遊べる広場やゲートボール場、北緯45度まつりではトライサイクルのコースに使われているランニングもしくはウォーキングロードがあります。

■取材者から一言: 旅の途中の休憩に中頓別の景色を眺めながらのんびりできる空間です。
■場所: 中頓別町バスターミナル

 

宿泊施設・旅館


緑に包まれ、木のぬくもりある空間 コテージ(ピンネシリビレッジファームパーク内)

中に入ると天井が高く開放感があります。定員数だけではとても贅沢な部屋の広さです。4人用、6人用が2棟ずつあります。6人用は2階建て、トイレは2つもあります。そして外にはバーベキュースペースが付いています。
木のぬくもりの感じながら、緑に包まれた静かな空間で思いっきり羽根を伸ばしてください。朝に散歩など気持ちよさそうです。
仲間と集まって、みんなでご飯を作りながらワイワイ朝まで語り合うのもいいですね。

■施設の方から一言: 夏は緑に包まれ、森林浴。冬は雪景色の中でしばれ体験はいかがですか。
■チェックイン/アウト:  15:00/10:00
■定休日: 年末年始 (12/31〜1/3)
■場所: 中頓別町字敏音知72−7
■問い合わせ先: 中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510

 


道北の夏を満喫! ピンネシリオートキャンプ場 (ピンネシリビレッジファームパーク内)

ピンネシリ岳の麓、緑に囲まれたオートキャンプ場。
フリーサイト、一般カーサイト、キャンピングカーサイトがあります。管理がきちんとされており、気軽にキャンプを楽しむことができます。テントや寝袋をお持ちでない方は道の駅「ピンネシリ」にて貸し出しをしていますよ。テントに泊まって、近くの森までクワガタ採りや夜の星空観察はおススメです。火を囲みながら、歌でも歌えば気分が盛り上がります!

■施設の方から一言: 1サイトが広いと喜ばれています、直に自然と触れ合いに是非ご家族、友人を集い来てください。
■利用期間: 6月1日〜9月30日まで
■定休日: 期間中無休
■場所: 中頓別町字敏音知72−7
■問い合わせ先: 中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510

 


ゆったりとした時の中で過ごす ピンネシリ温泉「望岳荘」

中頓別の自然を満喫したあとは、温泉で体を癒してあげましょう。泉質はナトリウム、マグネシウム、炭酸水素塩で、神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性皮膚病・慢性消化器病などに効く天然温泉です。(日帰り入浴あり。大人380円、子ども160円)ホテル望岳荘では温泉の後に新鮮な山の幸のお料理が待っています。

■施設の方から一言:  
■チェックイン/アウト: 15:00/10:00  ※日帰り入浴の利用時間 10:30〜21:00
■定休日: 第2・4月曜日
■場所: 中頓別町敏音知143−2(道の駅ピンネシリの向かい)
■問い合わせ先: TEL  (01634) 7−8111

 


旅館石川

(準備中)

■施設の方から一言:  
■営業時間:  
■定休日:  
■場所: 中頓別町字中頓別94
■問い合わせ先: TEL  (01634) 6−1836  

 


ライダーさん、要チェックです! ライダーハウスみつばち村」

昔、カーリング場だったところを少し改装して夏の間、旅をするライダーのための宿泊場所です。
カーリング場が寝る場所、おそらくロッカールームだったところがだんらんの部屋。その他に炊事場があり、洗濯機もあります。
宿泊費はなんと無料!!
全国各地からやってくるライダー達の情報交換の場、交流の場所となっています。毎年訪れる常連さんも多く人気のスポットです。
北海道の長旅を楽しむ際に、どうぞご利用下さい。

■施設の方から一言:  
■利用期間: 7月1日〜9月30日まで
■場所: 中頓別字中頓別
■問い合わせ先:

中頓別町観光協会 道の駅「ピンネシリ」 (01634) 7−8510
または、中頓別町産業建設課 (01634) 6−1111

 

飲食店


メニューが豊富な街のごはんやさん 食楽厨房 まるや

中頓別に馬車が走っていた頃から3代続いている食堂です。駅前にあったお店を平成12年に国道沿いに移転。ご主人の書いた絵が店内に飾られており、店の雰囲気を和らげています。新しいメニューも随時取り入れており、メニューが豊富です。
仕事の移動中、寄ってくれる常連さんや夏の時期はライダーやチャリダーが訪れます。

「ごはんは、まるやへ行こう!」と思ってくれる人が増えるように、街の雰囲気が盛り上がるようにと自分の仕事を大切にしているご主人のお店です。

おススメ
昔からメニューにある塩野菜ラーメンは具だくさんで味はあっさり。おいしいですよ!

■お店の方から一言: お気軽にどうぞ
■営業時間: 10:00〜21:00  10:00〜15:00(日曜日)
■定休日: 無休
■場所: 中頓別町字中頓別60番地
■問い合わせ先: Tel/Fax (01634) 6−1067

 


麺は全て手打ちです 明月庵 田中屋

来ていただいたお客さんにおいしく食べてもらおうと素材や製法にこだわり、下準備の手間は惜しまずメニュー1つ1つを大切にしているご主人。
そばのたれは削った鰹節を煮出したところに別に作って寝かせておいた“かえし”合わせて作っています。麺にはそば粉を8割強使用し、さらに韃靼そば粉がブレンドされています。
うどんはメニューによって太さを変えるというこだわり様です。

あああ= こだわりスープ みそラーメン =  

ラーメンは麺だけでなくスープも自家製。化学調味料、ラード等は使用せずにコクを出しているまさに職人技の一品。一滴残さず味わってみてください。
夫婦2人でお店を営んでいるので、お昼時は待たせてしまうこともありますが、納得してもらう味をお出ししたいとのこと。
お客さんの事を思いながら料理を作るのが楽しいと笑顔で答えるご主人。折詰め、オードブル、弁当等、各種仕出しも承っています。
お客さんの反応を見ながら、常においしいものを作ることを考えている、職人魂を感じさせるお店です。

おススメ
みそラーメン 12種類の調味料を練り込んだ当店オリジナルの味をぜひどうぞ。
担担鍋セット、カレー鍋セット 体が温まる鍋とごはんがセットでお得ですよ!
かきフライ定食 
冬季限定メニューでうまみが凝縮された揚げたてジューシーな広島産のかきフライは栄養満点です。

■お店の方から一言: おいしいものを食べて頂くために、1つ1つ手間をかけています。駐車場があります。
■営業時間: 9:30頃〜19:30 
■定休日: なし
■場所: 中頓別町字中頓別161の1(国道沿い 長寿園向かい)
■問い合わせ先: Tel (01634) 6−2408

 


半世紀守り続けてきたとんこつの味 八番食堂

ラーメンを作り続けて半世紀のお店です。先代から引き継いだとんこつベースの味を守り続けています。とんこつは軟らかくなるまで48時間じっくり煮込んだものを使用。
食べることに関してとてもこだわりのある2代目ご主人。人気の海老天ラーメンもいろいろ食べ歩いて試行錯誤し、今の味に辿りついたそうです。
当店に、「馬車追いラーメン」という巨大なすり鉢の器を使ったラーメンがあります。

車のない馬車追いさんがいた頃は、ラーメンは最高のご馳走。5玉は食べていたなどの発想から思いついたものです。使用する麺は10玉分。どうぞお試しあれ!(みんなで食べることができるのでご安心を)
食べておいしいと思ってもらうのではなく、また食べたいという気持ちを持ってもらえる味を作っていきたと話すご主人。
できたてのおいしいラーメンを味わいに店に足を運んでください。

おススメ 
海老天ラーメンしお ラーメンに天ぷら?と思うかもしれませんが、くどくなくクセになる味です。 

打ち立ての食感を味わってもらいたいと、蕎麦は自家製麺。

■お店の方から一言: 昔ながらの馴染みの味、一度食べたら2度、3度食べたくなる味です。
■営業時間: 11:00〜19:00
■定休日: 日曜日(お昼時、予約対応有)
■場所: 中頓別町字中頓別18
■問い合わせ先: Tel/Fax (01634) 6−1008

 


店の外観から内装まで、地域の人が作ったおしゃれな洋食店 森のキッチン・ハル




おススメ

■お店の方から一言:
■営業時間: ランチ:11:00〜14:00
■定休日: 水曜日・木曜日
■場所: 中頓別町字敏音知267
■問い合わせ先: Tel/Fax (01634)8-3883

 


焼肉ジャンボ

(準備中)

■お店の方から一言:  
■営業時間:  
■定休日:  
■場所: 中頓別町字中頓別18
■問い合わせ先: Tel (01634)6-1893

 


居酒屋 侘助

(準備中)

■お店の方から一言:  
■営業時間:  
■定休日:  
■場所:  
■問い合わせ先: Tel (01634)6-1849

 


居酒屋 味久

(準備中)

■お店の方から一言:  
■営業時間:  
■定休日:  
■場所:  
■問い合わせ先: Tel (01634)6-1319

 

商店


中頓別の風土に育まれた味わいのあるカマンベールチーズ 高橋牧場チーズ工房
ある時、味に奥行きのあるチーズと出会ってからヨーロッパの昔ながらの製法でチーズ作りを行っています。
数年前までは酪農業も経営していましたが、カマンベールチーズは温度管理など手間がかかるため現在はチーズの道1本に。牛のことにも詳しいチーズ職人さんです。
今もなお、様々な国のチーズ、製法を勉強して自分が作りたいチーズを追求中だそうです。 高橋さんが作る味に深みのあるチーズをどうぞ。

ミルクランド北海道で紹介されました!
http://www.milkland-hokkaido.com/koubou/36-1.html

おススメ 
「なかとんべつルーシュ」。“おたま=フランス語でルーシュ”ですくって型入れするところから付いたルーシュ製法のカマンベールチーズ。
食感がなめらかでしっかりした味わいです。このチーズ、家で熟成させて好みの味わいにして楽しむこともできます。工房の他、道の駅「ピンネシリ」でも販売しています。


■お店の方から一言: 作りたて、または冷蔵庫で寝かせながら、熟成させて楽しむことができるクリームチーズ、ナチュラルチーズです。 うちのチーズの味わい方をご自身で探して欲しいです。 
■定休日: 無休
■場所: 中頓別町字弥生23番地
■問い合わせ先: Tel/Fax (01634) 6−1598   HP http://www.okhotsk.biz/louche.html

 


作りたてのお菓子がやっぱりおいしい すずや菓子舗

鈴のマークが目印です。
作りたてをおいしく食べてもらいたいのがご主人のこだわり。
先代の技を引き継ぎ、昔の手法、味を大切にした和菓子作り。洋菓子では常に新しい感覚を取り入れながら作っています。
お菓子を食べて喜ぶ顔や箱を開けた瞬間、驚いている顔が思い浮かんできて、お菓子は楽しんで作ることができるのだとか。温かな想いを注いでいるお菓子屋さんです。

おススメ 
中頓別産のハチミツを使用したカステラを作っています、シナミツのカステラは香りがいいですよ。
お土産には中頓別の詩 ゴールドタウンが人気。
バースデーケーキの注文も承っています。


■お店の方から一言: 1個食べたあと、もう1個食べたくなるようなお菓子を作っています。
■営業時間: 8:00〜20:00
■定休日: 無休
■場所: 中頓別町字中頓別145番地
■問い合わせ先: Tel/Fax (01634) 6−1067
 

 


中頓別の風土を感じるお菓子屋さん 御菓子司とらや

創業61年。2代目ご主人が夫婦2人で営むお菓子屋さん。
砂金が採れる中頓別の砂金の会に所属のご主人。砂金をイメージしたお菓子をつくろう!と思い、完成したのがとらやさんの人気商品「砂金ようかん」です。他にも中頓別町にちなんだネーミングの銘菓を作っています。
とらやさんには「天北原野」というお菓子があります。

このお菓子によって画期的な出会いがありました。
お菓子を作って間もなく、小説家三浦綾子さんが連載を始めた小説が「天北原野」だったのです。
この偶然を伝える為、お菓子を贈ると三浦綾子さんも何かつながりを感じたようです。ご主人の名字も三浦というのが更に運命を感じさせます。
その後、綾子さんがお亡くなりになった今でも旦那さんと連絡のやり取りがそうです。
生まれ育った風土を想いながら、お客さんに喜んでもらえるお菓子を味わってみてください。

おススメ
鍾乳洞もなか もなかの中には粒あんがぎっしり!甘さも丁度良くおいしいですよ。



■お店の方から一言: ぜひ中頓別町へお越しの際はとらやのお菓子をどうぞ。
■営業時間: 8:00〜19:30
■定休日: 日曜日
■場所: 中頓別町字中頓別28
■問い合わせ先: Tel/Fax (01634) 6−1065  HP http://www.k3.dion.ne.jp/~sanyou/

 


天然の蜜の味はサイコーです 笹尾養蜂園

若い頃は花の時期を追いかけて本州に渡って蜜を集めていましたが、今は自分の生まれ育った土地で夫婦2人、養蜂を楽しみながら営んでいます。温かくなるのを待ちわびていたミツバチ。花の時期になると、働きバチが何回も往復してせっせと蜜を集め始めます。6月下旬からシコロ(キハダ)の蜜が採れ、草丈2m以上にもなる道北に咲くアザミ、チシマアザミの蜜、シナノキ(ぼだい樹)の蜜と順番に8月中旬まで採れます。

自然からの恵みなので、同じ花の蜜でも毎年、全く一緒の味わいになることはないそうです。
長年、ミツバチと共に過ごしてきた蜂屋さんが、中頓別の豊かな自然で搾ったハチミツはサイコーです。中でも私はシコロの蜜がお気に入りです。道の駅「ピンネシリ」でも販売しています。

■お客さんから一言: 天然の蜜は、フルーティでおいしく何だかなつかしい甘さです。
■場所: 中頓別町字上頓別
■問い合わせ先: Tel/Fax (01634) 7−8308

 

 

公共施設


中頓別町役場

町民の方の意見も参考にしてデザインされました。建物には地場の木材も使用されています。ロビーは牛舎やサイロをメージし、天井が高くたくさん光が差し込む開放的な空間です。
ガラス張りの議場には、TVカメラが設置されており、ロビーにて町民の方がリアルタイムで議会の様子を見ることができます。

■場所: 中頓別町字中頓別172番地6
■問い合わせ先: Tel:(01634) 6−1111(代表)
Fax:(01634) 6−1155
HP : http://www.town.nakatombetsu.hokkaido.jp

 


中頓別バスターミナル

天北線が走っていた頃、中頓別駅だったところです。バスターミナルなって建物は新しくなり、木のぬくもりが感じられる待合室そして2階は鉄道時代の思い出を記した交通資料館になっています。
ターミナル横に、かつて天北を走っていたディーゼルカーが展示されており天北線を懐かしむことができます。

■場所: 中頓別町字中頓別
■問い合わせ先:

宗谷バス(株)中頓別ターミナル (01634) 6−2298