北のてっぺん・そうや自然学校で夏休み!
中頓別町・東日本大震災被災地こども支援プロジェクト 
北海道中頓別町は、日本で一番安全で安心な居場所です!

ゆっくり、のびのびと過ごす夏休み。元気な仲間と楽しいこともいっぱい待ってます。

涼しい北の大地、豊かな自然と温かい人の心で子どもたちを癒します。 

□募集人員・参加費
 小学生及び中学生(東日本大震災の被災地に限らせていただきます)
 
参加費 10,000円(交通費、食費、その他諸経費含む)
□期間 8月8日(月)〜22日(月) 14泊15日(うち船中2泊)

出発  8日(月) 午後3時30分  郡山駅(予定)
          午後4時45分  福島駅(予定)

            午後7時40分  仙台港出発

     9日(火) 午前11時 苫小牧港到着

                    午後6時 そうや自然学校到着


頓別川カヌー下り

敏音知岳登山

鍾乳洞探検  
 滞在 10日(水)
    11日(木)
    12日(金)
    13日(土)
    14日(日)
    15日(月)
    16日(火)
    17日(水)
    18日(木)

   19日(金)
    20日(土)


ホームステイも計画してます

帰り  21日(日) 午前8時  そうや自然学校出発

                            午後7時  苫小牧港出発

    22日(月) 午前11  仙台港到着

                     出発時の集合地点まで送迎 

 

歓迎のメッセージ


保護者の皆様へ

はじめまして。

この度の東日本大震災での被災について、また放射能汚染の被災について、心よりお見舞い申し上げます。


北海道中頓別町のすべての町民が心をひとつにして、夏休み、東日本大震災被災地の子どもたちを歓迎いたします。
中頓別町は、北緯45度に位置する自然に恵まれた小さな町です。町の8割が森林で、オホーツク海にそそぐ頓別川が町を流れたくさんの豊かな恵みを与えてくれています。
「そうや自然学校」は、この環境を活かして子どもたちのための自然体験教育に取り組んできていますが、東日本大震災で被災された子どもたちのために何かできないかを考え、この夏休み企画を実施することにしました。いつもと同じようには過ごせない子どもたちが、この自然学校でのびのびと過ごし、たくさんの思い出を残して帰れるよう応援させていただきます。

涼しくて、過ごしやすい中頓別町です。勉強に、自然体験に、地域の子どもたちやたくさんの素敵な人たちとの出会いに、そして何より大切なこころの癒しに。ぜひ、安心して子どもたちを預けていただきたいと思います。私たちが、精一杯のできることでおもてなしさせていただきます。

最後になりましたが、被災地の一日も早い復興を心から祈念いたします。

 2011年7月

                            中頓別町長  野 邑 智 雄

            中頓別町東日本大震災被災者子ども支援プロジェクト
                            実行委員長  石 井 雄 一

                 もどる
 
参加申し込み
 参加申し込みの受付やとりまとめは、すべて北海道被災者受け入れ支援ネットワークが行っています。下のアドレスからご確認下さい。
  http://inaka-mono.com/atarimae/?page_id=528
  http://inaka-mono.com/atarimae/
  E-MAIL ukeire_net#inaka-mono.com(#@に置き換えてください。)
  MAIL ←こちらからもご利用できます

 北海道被災者支援ネットワークについては、こちらから。
  http://inaka-mono.com/nponet/

お問い合わせ
 「北のてっぺん・そうや自然学校で夏休み!」事業に関するお問い合わせは、実行委員会でもお受けいたします。
 中頓別町・東日本大震災被災地子ども支援プロジェクト実行委員会
   事務局:中頓別町まちづくり推進課(担当:野田、後藤、小林)
   TEL 01634-6-1111  FAX 01634-6-1155
   E-MAIL kikaku#town.nakatombetsu.lg.jp(#@に置き換えてください。)
   MAIL ←こちらからもご利用できます

                         もどる