ピンネシリこどもキャンプ参加者募集のお知らせ

【ピンネシリこどもキャンプ参加者募集のお知らせ】

こんにちは。そうや自然学校です。
12月26~27日(火~水)に、ピンネシリこどもキャンプを開催します。

対象は小学生から中学生。
活動場所は、ピンネシリの森とそうや自然学校です。
真っ暗なピンネシリの森での、ナイトハイキングが今回の目玉。
薪割り体験やバーベキュー、バードコール作りやソリすべりなどてんこもりの内容です。
夜はピンネシリ温泉に入り、そうや自然学校にみんなで泊まります。

例年は「いいとこ探し隊」で町内のこどもたちを対象に行っていたイベントでしたが、今回は広く募集させて頂こうと思います。

詳細はこちらをご覧ください!
お申込は20日(水)までに下記までお願いいたします。

お問い合わせ:そうや自然学校  電話・FAX 01634-8-3611  E-mail souyashizen@ipstar.ne.jp

※希望者多数の場合は事前に締め切る場合もございます。ご了承ください。

そうや自然学 第1回「シラカバ」

【そうや自然学はじめます】

こんにちは。そうや自然学校の加藤です。

自然学校やアウトドアガイドというと、自然科学分野に強いイメージがありますが、私はこってこての文系。

できれば、アイヌ文化や民俗についても併せてご紹介できるガイドになりたいなという野望があります(笑)

神奈川生まれ神奈川育ち、北海道にきて4か月。

知らないことだらけのこの土地を楽しく知っていけたらと思い、宗谷地域の自然について学んだことをこのブログにまとめてみることにしました。

名づけて、「そうや自然学」。

第1回は、シラカバを取り上げたいと思います。


【シラカバとそうや自然学校】

皆さんはシラカバ(別名:シラカンバ)をご覧になったことはありますか?

道民の方にはお馴染みのこの樹木。中頓別町でもちょっと探してみると、様々な場所で目にすることができますね。

本州の方からしてみると、ヨーロッパの高原を思わせるシラカバのある光景に、どこか幻想的なイメージを持たれる方も少なくないのではないでしょうか。

そうや自然学校では毎年シラカバの樹液を採取し、特定の体験プログラムに参加されたお客様に、シラカバ樹液(アイヌ語でタッニ・ワッカ)で淹れたお茶の提供を行っています。

シラカバ樹液採取の様子(穴あけ)

 

樹液が溢れてきている様子
自然の恵みに感謝して、木の枝で栓をします。こうすると、翌年までには穴がきれいに塞がって、樹へのダメージが少なくて済むのです。

ほんのりと甘く香るシラカバ樹液は、紅茶コーヒーとの相性が抜群。ティータイムにおすすめです。


【シラカバってどんな木?】

シラカバはカバノキ科シラカンバ属の落葉樹で、世界に約40種類があり、北半球の温帯から亜寒帯にかけて分布しています。

シラカバは生育可能な土地条件の幅が極めて広く、明るい場所を好みます。

痩せた土地や山火事の跡地などで見かけたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

明治24年に北海道庁が発行した『開拓の手引き』には、シラカバが生えているところは土地が痩せて地味が悪いところだと書かれてしまうほどでした。

古来、ゲルマン人の間では生命・成長・祝福の木とされたといいますが、それはシラカバのこの逞しさによるものなのかもしれませんね。

ちなみに、花言葉は「いつまでもあなたを待ちます」、「忍耐強さ」、「光と豊富」、「柔和」。

立ち姿は楚々としながらも、力強さをもつシラカバらしい花言葉だとは思いませんか?


【アイヌとのかかわり】

アイヌとは、一般に和人が植民する以前から北海道に居住している少数民族の人々のことを指します。

アイヌの人々は「アイヌ ネノ アン アイヌ(人間らしくある人間)」をめざしどうすれば人間らしく生きられるのか自分に問い続けながら生きています。

彼らは文字は持ちませんでしたが、自然とうまく調和しながら自然への畏敬の念から独自の文化を生みました。

狩猟民族であるアイヌは、木の皮を剥いで即製のス(鍋)をつくり、煮炊きをしながら狩りを行っていました。

スに利用されるヤラ(木の皮)は、大きく剥ぎ取ることができる白樺の樹皮が用いられました。

  • シタッ(本当の樺皮<ウダイカンバ>)

樹皮が厚いためクチャ(仮小屋)の屋根を葺いたり、松明に使われた。

  • メタッ(寒気・樺皮<エゾノダケカンバ>)

樹皮が薄く、傷口の手当や獣の肉を包むために用いられる。

  • キタッ(光る・樺皮<シラカバ>)

樹皮の厚さが程よく、きめ細かく柔軟で加工しやすいことから、主としてピサック(柄杓)に使われた。

また、女性が成人した印として唇や手の甲にする入墨は、石器や刃物でつけた傷口に、シラカバの皮を燃やした油煙を取ってつけたものなのだそうです。


【参考文献】

佐藤 孝夫『新版 北海道樹木図鑑[増補版]』(有璃西社、 2006年)

更科 源蔵・更科 光『コタン生物記 Ⅰ樹木・雑草篇』(法政大学出版局、1976年)

社団法人北海道自然保護協会『森と私たち -北海道自然保護読本-』(社団法人北海道自然保護協会、1988年)

福岡イト子『アイヌ植物誌』(草風館、1995年)


いかがでしたか?

シラカバと人は、北海道だけでなく世界各国で深い関わりがあるようです。

そうや自然学校もアイヌの人々に倣い、自然に敬意をもちながらも、その恵みを大切に活用して沢山の方に親しんでいけたらと思います。

シラカバについて皆さんがご存知のことなど、どしどしコメントいただければ嬉しいです!

本日の内容は簡単にPDFでまとめてあります。

そうや自然学_第1回「シラカバ」

次回の「そうや自然学」もご覧いただけたら嬉しいです!

 

そうや自然学校スタッフ 加藤

森のこども園 第3回

先日7月25日に第3回「森のこども園」を実施しました!

今回は初夏の昆虫探しと「オオウバユリ」の観察がテーマです。

_MG_0812

 

 

 

 

「森のこども園」ってなに? という方はぜひ前回のブログ記事をご覧になってくださいね。

 

「オオウバユリ」は花期も終わりに差し掛かかり、スタッフ一同開花の様子を見てもらえるか心配していましたが、なんとかみんなに見てもらうことができました!

(オオウバユリのまともな写真が撮れなかったので、どんな花か知りたい方はこちらのサイト様をご覧ください)

でも、みんなはお花よりも虫の方に興味津々。

_MG_0823

フンコロガシに…

 

 

 

_MG_0842

クワガタに…

 

 

 

_MG_0853

池の中にはなにがいるかな?

 

 

 

_MG_0881
エゾサンショウウオに…

 

 

 

_MG_0864

ん???

なにか見つけたみたいですが…

 

 

_MG_0869

ヘ、ヘビの抜け殻だ~~~!!

 

 

 

この後、ヘビの抜け殻のご利益か、俗にカラスヘビと呼ばれるシマヘビの一種を見つけました。

カラスヘビの名の通り、その体の色は真っ黒。そしてこのカラスヘビ、けっこう凶暴で、噛みついてきます。

毒等はありませんが、皆さんも中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園を訪れる際はお気を付けくださいね。

池のそばの岩場を巣穴にしていて、手を差し入れたりすると危険です!
_MG_0817

公園で見つけた木の実やセミの抜け殻は、園の先生のお宝袋に入れて持ち帰ります。

子どもたちにかかれば、公園はお宝の宝庫です!

 

_MG_0891

管理棟まで帰ってきて一服。

走り回って、大はしゃぎして、ちょっぴり疲れたね。

 

 

次回の森の子ども園は、8月はお休みして9月にキノコ探しを行います。

みんなキノコを見つけられるかな?

今回はオオウバユリにあまり記事の内容が割けなかったので、近々オオウバユリについてブログかなにかにまとめてみたいと思っています。

アイヌの人々にとって、オオウバユリはとても重要な植物だったようです。

興味のある方はチェックしてみてくださいね。

 

そうや自然学校スタッフ 加藤

森のこども園

_MG_0368

先週27日に中頓別町立認定こども園との連携事業である自然プログラム「森のこども園」を実施しました!

今年のプログラムは、町内に多く自生している「オオウバユリ」を春から秋にかけて観察することや、野生の動植物がたくましく成長する姿と世代交代を感じてもらうことをテーマにしています。

今回は12人の5歳児のみんなと一緒に中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園を散策。
先月みんなで観察した園内のオオウバユリは、どの園児達よりも丈が低かったのですが、今や全員の背を超す高さまで成長した勢いにみな驚いてました。

 

_MG_0373

オオウバユリの名の由来は、茎が伸びて花が咲く時期には、葉(歯)が枯れてしまうことから、姥百合(ウバユリ)の名がついたとのこと。
7月~8月には花を咲かせるので、グングン成長し花を咲かせたオオウバユリもみんなで観察したいですねー!

 

_MG_0384   

ふれあい公園内の鍾乳洞をプチ探検!

鍾乳洞内の暗がりやヒンヤリとした空気に少し怖がりながらも勇気を振り絞って?楽しんでいました。

 

_MG_0394

_MG_0404

当日は気温が少し低めだったこともあってか、園内は昆虫等生き物の姿は見当たらず…。

そこで園内の親水池で事前に採集しておいた、エゾアカガエルのオタマジャクシやエゾサンショウウオの幼体を見てもらったところ、興味津々にみんなジーっと観察していました。

_MG_0402

見たい見たいーー!と、頭のおしくらまんじゅう!!

 

今後も夏から秋にかけて、オオウバユリをはじめ動植物の成長を園児のみんなに観察してもらい、自然の移ろいを感じ取ってもらえればと思います。

 

そうや自然学校スタッフ 北川

天然エノキタケ、通称「ユキノシタ」が雪の下にありました

dsc_0279

先日、フィールドワークをしていると、雪の下からこのようなキノコが顔を覗かせているのを見つけました。

こちらのキノコ、雪の下でも成長するので通称「ユキノシタ」といいますが、正式には「エノキタケ」といいます。今回は、このエノキタケについて説明したいと思います。

続きを読む 天然エノキタケ、通称「ユキノシタ」が雪の下にありました

森のキッチンHARUでピザ作り&蜜蝋キャンドル作り

dsc_0291
コンガリと焼きあがったピザ

11月13日(日)、道の駅ピンネシリの隣にあるレストラン「森のキッチンHARU」で中頓別青年交流事業が行われ、ピザ作りと蜜蝋キャンドル作りを体験されました。

続きを読む 森のキッチンHARUでピザ作り&蜜蝋キャンドル作り

夏の活動の振り返り

img_0396

9月16日(金)を持ちまして、夏のカヌー体験はとひとまず終了となりました。

今年は台風等の影響により、カヌーや川遊び等、川での活動が何度も中止となってしまいましたが、昨年以上にたくさんの方にご利用いただきました。

今回は、夏の活動のほんの一部を写真で振り返りたいと思います。

続きを読む 夏の活動の振り返り

カヌー、化石、宿泊研修etc…

IMG_0357

7月も中旬を過ぎ、いよいよ夏も本番に近づいてきました!

ここピンネシリは多くの観光客やキャンプ利用客で連日にぎわいを見せています。

自然学校にもたくさんの方が訪れていただき、慌ただしくも充実した今週一週間を振り返りたいと思います。

続きを読む カヌー、化石、宿泊研修etc…