森のこども園 9月 森ん子あそび③

9月26日に中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園にて森のこども園を行いました。
今回はこすもす組・さくら組さんが参加する森ん子あそび。
ゆうち自然学校のてるさんに主導していただき、いざ、秋の森へ。
今回は鍾乳洞ではなく、樹齢500年のミズナラの木を目指します!

まずは最初のごあいさつ
さくら組さんは今年度はじめての鍾乳洞公園
階段もなんのその。元気いっぱいです
まずは自然を見る目を養うために、ネイチャーゲーム

ここで行ったネイチャーゲームはカモフラージュというゲーム。
自然のなかから隠された人工物を探します。
今回は小さな人形が沢山隠されていたのですが…みんな見事ほとんどすべてを見つけてくれました! すごい!

今回は森のなかを歩きながら、森のお弁当箱づくりといって、自然の落とし物を拾って素敵なお弁当箱をつくるというあそびも行いました。
落とし物を拾いながら、ミズナラの木を目指します。
途中「つかれた~」という声も上がりましたが、みんなまったくへこたれることなく、ずんずんと歩いていきます。
体力も気力もついてきたな~と嬉しくなりました。

樹齢500年のミズナラの木のもとに到着!

このミズナラの木、500年も生きているだけあって、逞しい生命力を感じます。
自然学校スタッフも一押しのスポット。階段を下りて第四洞から振り返って写真を撮るのがとってもオススメ。インスタ映えまちがいなしです。

集合写真を撮って、折り返し。
今度はぬくもり館を目指してレッツゴー!

今回見つけた目玉の生き物は…なんだかわかりますか?

この生き物、春にもみんなで卵を観察した生き物なんです。
その名もエゾサンショウウオ
春に親のサンショウウオに水辺に卵を産んでもらったエゾサンショウウオは、そこからオタマジャクシのように尻尾と手足が生えて、やがてこの姿になって陸に上がります。
なかなか森のなかを歩いている姿を見つけるのは至難の業…なのですが、このエゾサンショウウオ、さくら組の子が落ち葉の下で動いているのを見つけてくれました!
自然を見る目がばっちり育っていて、思わず感激してしまいました。

このエゾサンショウウオくん、途中まで一緒にお弁当箱のなかに入って、ついてきてもらいました
ぬくもり館前へ到着! みんなで自分の作った森のお弁当箱を見せ合います

ミミズを拾ってみる子、クルミを沢山拾ってみる子、色鮮やかな落ち葉を拾ってみる子…などなど個性豊かな仕上がりでした。

今回の森のこども園はこれで終了。
次回はみんなでまた秋の森に繰り出し、作品づくりの材料を探しに行きますよ。
今回鍛えた自然の宝物探しの目が役立つこと間違いなしです。
次回の森のこども園もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です