夏の虫とり大作戦! PKC7月

昨日27日・28日はピンネシリこどもキャンプ。
今回は夏休みの開催ということでお泊まりありの「夏の虫とり大作戦!」を行いました!

2日間のスケジュールはこんな感じ。

まずはじめは、虫さがしの目を養うためのネイチャーゲーム「カモフラージュ」。
自然のなかに置いた人口物を探すゲームを楽しみました。

「カモフラージュ」

午後は虫さがしとワナ設置。
バナナとお酒とお砂糖でつくりました

↑こんなワナやコップやペットボトルの落とし穴を設置したり、虫網でチョウや幼虫を捕まえたりしました。
肝心の写真がぜんぜん撮れなかったのですが、モンシロチョウはたくさん捕まえることができました!
虫とりの他に人気だったのが、クワの実!
クワの実で、手が真っ赤に

女の子はお花を帽子につけたり、花束をつくることも人気でした。

27日は暑くて、30度近くまで気温が上がり、1時間弱でみんなヘロヘロに。
予定を早めに切り上げ帰りました。

自由時間の仲良し4人

宿泊室の様子。みんな寝袋で寝ます!

夜ご飯。カレーをおいしく食べました

ウインナーのお代わりじゃんけんは熾烈な争いに(笑)

夕食後はみんなで懐中電灯を持って、虫取りに出かけました!
短い時間でしたが、クワガタを数匹ゲット。
夜のお楽しみ・花火大会も大盛り上がりでした♪
花火は12人の子どもたちでやったら、一瞬でなくなってしまいました

そうして1日目は「おやすみなさい!」
お母さんお父さんと離れてのお泊まりが初めての子もいて、「大丈夫かな…?」と心配でしたが、みんなちゃんと約束の時間にはおしゃべりをやめてぐっすり眠ってくれました。

2日目。

朝ごはんはサンドイッチ!

2日目はまず、昨日とった虫の観察をしました!
クワガタ持てたね!

手にくっついた!

クワガタの大あごに鉛筆を挟ませようとしているの図

観察した虫は模造紙に絵を描いてもらいました。
その後はみんなでとった虫を逃がしに外へ。
虫さんたちとお別れ

「クワガタバイバイ!」

クワガタどこに帰るのかな?

「もうあんな高いところまで登った!」

バイバイしたクワガタをもう一度捕ろうとしている子も(笑)

逃がしたクワガタがケンカをはじめて、みんな食い入るように見つめていました

今日も大人気。クワの実

自然学校にたまたまやってきたアオダイショウを、ゆうち自然学校のてるさんがみんなの首に巻いてくれる一幕も
一番に首に巻くのに挑戦してくれました!

ひとり巻くとみんな次々に挑戦。2回も巻く子もいました(笑)

このあとみんなで自由遊びをして、7月のお泊まりキャンプはすべて終了!
記念撮影

「虫嫌い!」という子もいてどうなることかと思ったキャンプでしたが(笑)、勇気を出して人差し指でクワガタを触ってみようとする子などもいて、口では嫌い! と言いつつも、虫に興味津々の様子でした。
ピンネシリこどもキャンプでは2回目になるお泊まりも、今回は常連メンバーがほとんどで、自分のことが自分でだんだんできるようになってきたなと感じるシーンも多く、頼もしく感じられました。
今回遠くから来てくれた一番年上のKちゃん、みんなの面倒を見てくれてありがとう!
2年生のみんなは初めて来たときがうそみたいに、寝袋を自分ひとりで片づけてしまってびっくりしました。すごい!
1年生のみんなも、食事の準備片づけまで手伝ってくれて、スタッフはとっても助かりました! ありがとう!

8月のピンネシリこどもキャンプは1回休み。
9月のキャンプでまた会いましょう!

森のこども園 7月 森ん子あそび②

本日は森のこども園。
ひまわり組さんのみんなで、ペーチャン川の砂金掘り場に行って、自由な森ん子あそびをしてきました!

今日の先生はてるさんです

ライフジャケット様になってます。万が一、流されたときの合言葉は「たすけて~~~~!」

やっぱりどんなアイテムよりもアミが人気!

みんな真剣にお魚を探します

「なにつかまえた?」

「見て、お魚さわれたよ」

てるさんお手製の笹舟

笹舟や箱メガネを流す遊びもブームになりました。「流されちゃったー!!」

箱メガネで見ると、水のなかがはっきり見えるね

「このぼっこ、かっこいいでしょ?」

お魚の奪い合いなども起きつつ(笑)、みんなそれぞれ好きなことを好きなだけやって、楽しんでいました。
大人が思ってもいないようなことが遊びになるのが、とっても面白かったです。
きらきら光るカワシンジュガイや、色々な形のぼっこを集める子もいました。
そして子供だけでなく、大人の先生方も童心に返って、魚とりや貝集めを楽しんでいたご様子。
明日はこすもす組・さくら組のみんなと一緒に、森ん子あそびを行います。

森のこども園 6月 初夏の生き物探しとプチ鍾乳洞探検

6月28日に森のこども園を行いました。
今回はこすもす組さんのみんなと一緒に中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園へ。
「初夏の生き物さがしとプチ鍾乳洞探検」を楽しんできました!

森のこども園はじまるよ

まず最初は質問タイム。
「鍾乳洞公園にいる生き物、わかる人~?」
トンボやカエルやチョウや色々な生き物の名前が挙がりました。
そしてお次は、「ノーズ」というネイチャーゲーム。
鍾乳洞公園にいる生き物のヒントをいくつか出して、その生き物を推測し、特徴や生態を学ぶゲームです。
リスとカエルを出題したところ、リスは分かる子分からない子がいたのですが…

ノーズの名前の通り、わかったら自分の鼻に指でタッチします

5月の森のこども園「春の生き物さがし」でみんなで実際に見て触れてみたカエルについては、タマゴの様子をみんなしっかり覚えていて、見事正解!
なんだか嬉しくなってしまいました。

初夏の生き物さがしへレッツゴー!

第一地点は親水池。

なにかいるかな?
エゾサンショウウオ!

このエゾサンショウウオも、5月にみんなでタマゴを見に行ったのでした。
お次は、この池に住んでいる他の生き物の紹介。
事前にとっておいた昆虫を見てもらいました。

興味津々!
オタマジャクシ!
ヤゴ!

さらにここでトガリネズミの死骸を見つけました。

遊歩道を進みます!

この日、あいにくのお天気であまり生き物には出逢えないのではないかと思っていたのですが…

なにか見つけた!
カタツムリ!

一度カタツムリを見つけるやいなや、みんなあちらこちらでカタツムリを探しはじめます。
最初は触らずにいた子たちも、みんな自分の手のひらに乗っけて大きい小さいを比べ始めたり、競争のようにカタツムリ集めを始めました(笑)

「どっちが大きい?」
大猟大猟!

カタツムリ探しに夢中になっているうちに、鍾乳洞に到着。

疲れた様子も見せずにまだカタツムリに夢中です。
ここでは、岩から垂れてくる雨水で滝行をするのが大ブームでした(笑)
鍾乳洞へ!

鍾乳洞に入るのが初めての子もいて、「こわい!」という声も挙がりましたが、みんなが一番奥まで到達。
普段とちがうプチ冒険を思いっきり楽しんでいました。

無事、みんな揃って外へ。

帰りは地面に落ちた森の宝物を探しながら、てくてく歩きます。

なにげない場所で、宝物を見つけるのがとても上手になりつつあるみんなです。
クマよけサイレン、どんな音がするかな?
軍艦岩に到着!
側溝で遊んでみたりもしちゃいます。

最後にみんなにどんな生き物に出逢えたか聞くと、この日見つけた生き物たちを余さずぜんぶ挙げてくれました。
今回はあいにくのお天気でしたが、雨の日の鍾乳洞公園であっても、子どもたちは自分が「面白い!」「楽しい!」と感じたものを五感を目一杯使って楽しんでいました。
森のこども園も3か月目を終え、みんなの自然のなかでの遊ぶ力、楽しむ力がぐーんと伸びているのを実感します。
7月の森のこども園は森ん子あそびを2回行います。
みんなが自然のなかでどんな面白いもの、楽しいものを見つけてくれるのか、今から楽しみです。