水辺の生き物探検隊 PKC6月

6月23日に「ピンネシリこどもキャンプ 水辺の生き物探検隊」を行いました!
この頃の中頓別は梅雨を疑う雨続き。
前々日には大雨も降って川も増水。
実施できるかハラハラしながら天気予報と川の水位を見守っていましたが、なんとか開催にこぎつけました。

開催場所はそうや自然学校の裏手の川原。
町民の皆さんにお馴染みの頓別川です。
「せっかくきれいな川があるけれど、川は危なくて遊んだことがないな…」
なかとんにはそんな子も多くいるのではないかと思いますが、今回はそうや自然学校のスタッフと一緒に川と生き物に思う存分触れ合ってもらいました!

ようこそピンネシリこどもキャンプへ!

今回は15名のみんなが参加。

まずは、「水辺の生き物ってなにがいるかな?」という問いかけからスタート。
くらげにタコにカエルにと色々な生き物の名前が挙がります。
それから、ドジョウヤマメカワゲラといった頓別川に住んでいる生き物の名前を挙げてくれた子も。
お父さんが釣り好きという子はヤマメサクラマスのちがいを解説してくれました!
実はパーマークと呼ばれる美しい模様をもつヤマメと銀色をしたサクラマスは元々は同じ魚。ヤマメは川に留まって一生を終える魚で、海に降りるのがサクラマスですね。

カワゲラとカゲロウのちがい、わかるかな?

水生生物にもみんな「きもちわる~い」などと言いつつも、写真を興味津々で眺めていました。

ライフジャケットをつけて、さっそく裏の川原へGO!

あみと虫かごを手に入れて、目がきらきらしてます♪
ドキドキワクワク!
川に入る前のおやくそく
いざ出陣!
「魚がとりたい~!」ということでドジョウのおうちへわらわら押しかける子どもたちの図
一人で行くのは怖いけど、なにがなんでもドジョウがとりたい! ということで手を握って一緒にドジョウ探索
どこにいるかな?
始めはおっかなびっくり、靴を濡らすことをためらっていた子たちも臆せず川へ
「どれくらいとれた?」
「毛虫!」
ドジョウ漁はお手のもの。巨大ドジョウをつかまえてくれました。
「ニジマス持てたよ! すごいでしょ!」
「ねえこの生き物なんだろう?」

カワゲラトビケラドジョウなどなど沢山の生き物に出逢うことができました。
まだまだ探したりないところですが、お昼になったのでひとまず自然学校へ。
みんなでおいしくごはんをいただき、午後の部に移ります。
雨もぱらつきなかなか気温も上がらず、川に入ると少し寒いくらいの気候だったので、午後はもう一回川に入るチームと自由遊びをするチームに分かれて楽しみました。

川チームは「泳ぐ!」と言いだして水温も低いなか、泳ぎだすつわものも。
ちょっと泳ぐと「寒い!」と言って着替えに走りました(笑)
自然学校残留チームは、おにごっこをしたりボール遊びをしたりして過ごしました。

そしてみんなでとってきた生き物の観察会。

いっぱいつかまえたね
自分の手で触れて、感じて

最後にみんなでとってきた生き物の名前を図鑑で調べたりしながら、模造紙に今日見つけた生き物をまとめてもらいました。

みんなとっても熱心に書いてくれました!
よ~~~~く観察して書いてくれました!

みんなの感想がこちら。
「ヤマメやニジマスを見たら大きさや形、色がちがいました。たまごも見つけました」
「ドジョウがむるむるしてきもちわるい」
「ヤマメはあたたかい水では生きられないけど、しゃこい水では生きられます」
「サクラマスはヤマメが海で大きくなって川に帰ってきます」
「ニジマスでかかった。ドジョウも大きくてすごかった」

あと沢山の上手な絵も描いてくれました!
ドジョウやヤマメ、卵が人気でした。

そんなこんなで今回のピンネシリこどもキャンプは終わり。
頓別川にはきれいな川環境のなかでしか生きられない多様な生き物が沢山暮らしていることがわかりました。
このかけがえのない資源をこれからも大切にしていきたいですね。

参加してくれたみんな、お子様を託して下さった保護者の皆様、本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です