森のこども園 6月 森ん子あそび①

本日の森のこども園は、こすもす組さん・さくら組さん・ひまわり組さんのみんなでそうや自然学校周辺で「森ん子あそび」をしてきました!

「森ん子あそび」は子どもたちが主体となって自由な発想で森や野原、川原などで野遊びをする、今年度から始まった森のこども園の柱となるプログラム。
今年度の「森ん子あそび」は稚内市上勇知にある「ゆうち自然学校」の伊藤輝之氏(てるさん)がメインの先生となり、子どもたちに自由な野遊びの楽しさを伝えてくださいます。
※てるさんは、小中学生を対象にした野遊び「ノビトくらぶ」や野遊び自主保育、親子の野遊び体験など数多くの子ども向けのプログラムを実施している子どもの自然体験のエキスパートです。
詳しい活動内容はこちら

今日はそうや自然学校の校庭でも川原でもどこでも遊んでいいよ! ということで始まった「森ん子あそび」でしたが…
蓋を開けてみると、みんなひたすら川で遊んでいました(笑)

そうや自然学校に到着!

てるさんが持っているのは…?

セミだ~!

いざ、川原へ

川で遊ぶときのお約束。みんなしっかり聞いてくれました

ちょっとドキドキしてるかな?

ゾウさんジョウロ人気でした♪

なにしてあそぶ?

お魚捕まえたい!

カワヤツメ!
はじめはちょっと濡れただけできゃあきゃあ言ってたみんなも、次第に動じないように…

思い思いに思いっきり遊びました!

びしょ濡れになってしまってなかなか写真を撮れなかったのが残念なのですが、ドジョウも20匹くらい捕まえました。
ヤゴやドジョウやカワヤツメなどなど、自分の手で捕まえたり触れたりすることで、みんな大きな目をきらきらさせていました。
一番人気は魚とりでしたが、石を投げたりジョウロで水を汲んだり、どれだけ深いところにいけるかに熱中する子などなど、ひとりひとりが自分の「楽しい!」を見つけて熱中している様子がとても印象的でした!

「森ん子あそび」は、今後も月に1回程度実施します。
次はどんな遊びを見つけることができるかな?