森のこども園 5月 春の生き物さがし

本日の森のこども園は、こすもす組のみんなと一緒に、寿スキー場の近くの林道へ春の生き物さがしに出かけました!

この時期の中頓別には、沢山の春がいっぱいあります。
ミズバショウにエゾノリュウキンカ、ツクシにニリンソウにエゾエンゴサク……。
けれど、子どもたちの興味を引くのはやはり、動いている生き物!

「中頓別の春の生き物ってなにかな?」という問いに、「ヘビ」「さかな」「チョウ」などいろいろな答えが。
スタッフがこの辺りの水辺でとある生き物の卵を見つけたと教えると、みんな興味津々。

春の生き物なにかな~?

「赤ちゃんのころは水辺にいて」「ぬるぬるしていて」「大きくなると足が生えて、ぴょんぴょん跳ぶ」まで言ったところで、「オタマジャクシ!?」の声が。大正解!
この時期、中頓別の水辺では「エゾアカガエル」と「エゾサンショウウオ」の卵塊・卵のうが様々な場所で見ることができます。
ということで、カエルとサンショウウオの卵を探しに、林道探検へ出発!

なにがいるかな?
チョウチョ見つけた!
あ、あそこにいるのは…?
卵捕れた!
今度こそチョウチョを捕まえるぞ~!
やったー!!
一緒にやれば怖くないね!
みんな捕まえすぎて虫かごがいっぱいに
枝にくっついたサンショウウオの卵見つけた!
全身を使って、虫取りに夢中になるの図
泥んこです
カエルだー!!
お花が大好き
全身を使って、虫取りに夢中になるの図
長靴の中までびちょびちょに

たくさん捕った卵や虫たちは、子どもたちの手で逃がしてあげました。
カエルの卵塊だけ、こども園にお持ち帰り。
カエルになるまでみんなでお世話をします。

帰りにみんなに今日出会った生き物たちのことを聞いてみると、みんなとってもよく覚えていて元気いっぱい答えてくれました。
今日の森のこども園はこれで終わり。
もう少しすると、卵も孵り、オタマジャクシやエゾサンショウウオの幼生が色々な場所で見られるようになります。
ぜひ皆さんも水辺を通りがかったら探してみてくださいね:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です