冬のピンネシリこどもキャンプ

12/26(火)~12/27(水)の2日間に掛けてピンネシリこどもキャンプを開催しました!

 

今回は中頓別町内と浜頓別町の小学生合わせて8名が参加。

今年は真っ暗なピンネシリの森でのナイトハイキングをメインイベントにしてましたが、生憎クリスマスから大荒れの天気が続いてしまった為、そうや自然学校敷地内を主な活動場所にして様々な冬遊びをしました!

 

1日目は薪割りからスタート!力いっぱい鉈や斧を使って薪を割り、薪ストーブに火を点けました。火を点ける際、ほとんどの子達が初めてマッチを使ったとのことで、上手に擦れなかったり、火が点いてもすぐに消えてしまったりと悪戦苦闘しながらも、何とか火を熾して身体を温めることが出来ました。

 

 

お次は基地づくり!

雪を使ってベンチを作ったり、基地を飾り付ける雪だるまやスノーキャンドルも作りました!

 

 

みんなで作った基地で、夜はバーベキュー!

 

スノーキャンドルにも点灯し、雰囲気が盛り上がります。

 

焚き火の定番焼きマシュマロも!

 

冬の夜は特に、火の暖かみや明かりをよりありがたく感じますね(^^)

 

 

 

そして2日目も朝から早速火熾し。こども達もマッチの扱いや焚き火熾しが手慣れてきてるようです。

焚き火で炙ったホットサンドや焼きバナナを食べて外で遊ぶ体力を蓄えます!

 

 

 

 

2日目はなんとか天候が回復したので、全員で作ったバードコールとソリを持ってピンネシリの森を探検!

 

 

森に入った時点では野鳥の気配が全く無かったのですが、全員でバードコールを鳴らした数分後には、野鳥達が近付いてきて樹上から鳴き返してくれる場面もあり、バードコールの効果を知るとともに野鳥とのささやかな交流も楽しむことが出来ました。

 

最後はピンネシリの森の中にある、キャンプ参加者にしか教えない秘密?の場所でソリ滑り!

広ーーい丘を贅沢に使って楽しみました!

 

 

 

2日間のキャンプを通して子供たちからは、雪で遊ぶ楽しさや、冬でも外で食べるご飯の美味しさに気付いたといった声が挙がっていたのが印象的でした(^o^)

 

 

次回のピンネシリこどもキャンプは春先に開催を予定!

春ならではの遊びや冒険にチャレンジしてみませんか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です