森のこども園 第3回

先日7月25日に第3回「森のこども園」を実施しました!

今回は初夏の昆虫探しと「オオウバユリ」の観察がテーマです。

_MG_0812

 

 

 

 

「森のこども園」ってなに? という方はぜひ前回のブログ記事をご覧になってくださいね。

 

「オオウバユリ」は花期も終わりに差し掛かかり、スタッフ一同開花の様子を見てもらえるか心配していましたが、なんとかみんなに見てもらうことができました!

(オオウバユリのまともな写真が撮れなかったので、どんな花か知りたい方はこちらのサイト様をご覧ください)

でも、みんなはお花よりも虫の方に興味津々。

_MG_0823

フンコロガシに…

 

 

 

_MG_0842

クワガタに…

 

 

 

_MG_0853

池の中にはなにがいるかな?

 

 

 

_MG_0881
エゾサンショウウオに…

 

 

 

_MG_0864

ん???

なにか見つけたみたいですが…

 

 

_MG_0869

ヘ、ヘビの抜け殻だ~~~!!

 

 

 

この後、ヘビの抜け殻のご利益か、俗にカラスヘビと呼ばれるシマヘビの一種を見つけました。

カラスヘビの名の通り、その体の色は真っ黒。そしてこのカラスヘビ、けっこう凶暴で、噛みついてきます。

毒等はありませんが、皆さんも中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園を訪れる際はお気を付けくださいね。

池のそばの岩場を巣穴にしていて、手を差し入れたりすると危険です!
_MG_0817

公園で見つけた木の実やセミの抜け殻は、園の先生のお宝袋に入れて持ち帰ります。

子どもたちにかかれば、公園はお宝の宝庫です!

 

_MG_0891

管理棟まで帰ってきて一服。

走り回って、大はしゃぎして、ちょっぴり疲れたね。

 

 

次回の森の子ども園は、8月はお休みして9月にキノコ探しを行います。

みんなキノコを見つけられるかな?

今回はオオウバユリにあまり記事の内容が割けなかったので、近々オオウバユリについてブログかなにかにまとめてみたいと思っています。

アイヌの人々にとって、オオウバユリはとても重要な植物だったようです。

興味のある方はチェックしてみてくださいね。

 

そうや自然学校スタッフ 加藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です