カヌー、化石、宿泊研修etc…

IMG_0357

7月も中旬を過ぎ、いよいよ夏も本番に近づいてきました!

ここピンネシリは多くの観光客やキャンプ利用客で連日にぎわいを見せています。

自然学校にもたくさんの方が訪れていただき、慌ただしくも充実した今週一週間を振り返りたいと思います。

13日(水)、中頓別町国保病院に来ている旭川医療大学の看護実習生が今年もカヌーに参加されました。

水の掛け合いなんかも楽しみながら、5艇でのんびりと川を下りました。

IMG_0354
休憩地点にて石投げ中。

14日(木)は毎年大阪からお越しいただいているお二人をアンモナイトの採取実績がある沢へご案内させていただきました。

大阪で教員をされているお二人は、化石を見る機会がない大阪の子ども達に北海道で産出した化石を見せてあげたい…という思いで、毎年夏の休暇を利用して北海道に来られているそうです。

昨年は結局見つけることができず私もすごく残念な思いをしましたが…ついに今年アンモナイトの化石を見つけることができました!

お二人の思いが通じたようでよかったです。

kaseki
アンモナイト化石

午後からは稚内鴛泊中学校2学年の皆さんが宿泊研修で中頓別にお越しになりました。

最初に鍾乳洞を見学し、初めてみるエゾサンショウウオに大興奮。

 

利尻島と北海道本土は生態がかなり異なるらしく(シカやキツネがいない等)、新鮮なことが多いようです。

鍾乳洞見学後は自然学校で蜜蝋キャンドル作りを体験。

明るく元気な鴛泊中学校の皆さんらしい、個性豊かな作品が出そろいました!

鍾乳洞見学
鍾乳洞の見学
蜜蝋キャンドル作り
蜜蝋キャンドル作り

16日(土)、17日(日)は町内にお住まいのOさん御一同が自然学校を宿泊利用されました。

Oさん御一同は町内でボランティア活動をされていて、時々メンバーの皆さんで集まって誕生日パーティや旅行などを楽しまれているそうです。

町外の色々な宿泊施設を訪れる中、「町内の施設も知っておきたい」ということで、今回そうや自然学校をご利用いただくことになりました。

夕食は玄関前でBBQを楽しまれていて、一緒にどうですかとお声をかけていただき、図々しくもご一緒させていただきました。

「遠慮しないでいいよ」という優しいお言葉に甘えガッツリと食べてしまい若干申し訳ないと思いつつも、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

DSC_0178

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です